FLASH クロスドメインポリシーファイル crossdomain.xml

FLASHでxml絡みの案件でいつも度忘れする内容。
クロスドメインはどっちのサーバー設置するか!

読み込みたい外部ファイルが置かれているサーバーに設置。

クロスドメインポリシーファイルについて説明


Flashで別ドメインのファイルを読み込む場合に、
ローカルではそのまま読み込めるけど、サーバーにあると、
Flash Playerのセキュリティの関係で別ドメインの情報はそのままでは読み込めないのです。

そのために設置してあげるのがクロスドメインポリシーファイル。
別ドメインのサーバーに、○○.comからのアクセスは許してあげますよー。
というファイルを置くのです。

例 xxxxx.com の人が、このブログのRSSを読み込みたい場合、
blog.natural-fat.com にクロスドメインポリシーファイルを置いてあげます。


クロスドメインの書き方は↓



xxxxx.comを許可するドメインに書き換えます。

で crossdomain.xml という名前で保存し、
ルートにアップしてあげます。

基本はルートに。ルートに設置することで
Flash Playerは自動的に読み込んでくれます。

全てのクロスドメインアクセスを許可する場合の書き方(2010/05/19 追記)


ただ、何かのAPIとか。知り合いでもない人のRSSとか。
めんどくさくってクロスドメインなんて設置してくれないと思います。
逆に頼むのもめんどくさいですしね。

その場合、いいのか悪いのか?わかりませんが。

php使って読み込めちゃいます!超簡単に^^

phpを使ってxmlファイルを読み込む方法

次の記事で紹介してます。

よかったら試してみてください。
Check |

prev entry

next entry

Comment